Art Space 寄す処とは

」とは、縁の語源となった言葉で、「身や心を寄せて頼りとするところ」「頼みとする人」「身寄り」「手がかり」「寄る辺」を意味しています。
京都の伝統建築である京町家は、1棟1棟が寄り添い支え合うように建っており、そこでの先人たちの暮らしも、町家のように寄り添い支え合ってきたに違いありません。
当施設は、町屋のように互いに支えあい、アーティスト・研究者を含む全ての表現者の「寄す処」となり、一人でも多くの方々に笑顔をもたらすことを目指しています。

アーティスト・イン・レジデンス プログラム(AIRプログラム)

Art Space「寄す処」とは、京町家を利用したアーティスト・イン・レジデンスを主たる事業とする非営利施設です。京町家にレジデンスとギャラリーを併設しており、国内外のアーティストや芸術研究者などが一定期間滞在しながら、制作・研究をし、その成果を展示発表する場所と時間を提供します。
アーティストや研究者の創作・研究活動の支援のほか、地域交流・国際交流プログラムを推進することで、芸術を通して地域の活性化を図り社会に貢献していきます。

レンタルギャラリー&レンタルスペース

当施設は、ホワイトキューブのギャラリーにあるようなアート有りきではなく、「暮らしに息づくアート」をコンセプトに、自由な発想で展示していただき、若手を含め多くの方に表現の場を提供させていただきます。
また、各種ワークショップ、教室、演奏会等にもご利用していただき、地域交流の場として、提供させていただきます。

SAKE-bar寄す処

もの創りにこだわった日本酒をメインに取りそろえ、レジデンス滞在アーティストと訪問アーティストをはじめ地域の方たちのコミュニティーの場としてご利用していただけます。